国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしい

看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年してしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
高校に進むときに衛生看護科を選ぶと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。
でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制の病院の方が多いといえます。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。看護師免許を取るには、何通りかの道があるでしょう。
看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要です。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
働いている病院の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由の一つかもしれません。